スキルアップ

【Linux】LPICレベル1にPing-tだけで一発合格した勉強方法

こんにちは、姫りんご(@himeringo902)です🍎

この記事は、わたしがLPICレベル1にPing-tのみで
一発合格した勉強方法について紹介したいと思います

この記事はこんな人にオススメです♬

  • これからLPICを勉強しようと思っている
  • LPICのオススメ勉強方法が知りたい
  • LPICの参考書を読んでも覚えられない

LPICはPing-tだけで合格できます!

LPICの合格に必要なもの

それはPing-thttps://ping-t.com/)」というIT試験学習サイトです

Ping-tとは

まず初めに、Ping-tはこんなサイトです

CCNA/CCNP、LinuC、LPIC、Linux Essentials、HTML5、OSS-DB、ITパスポート、オラクルマスター、ITILの試験合格を目指す人を応援する学習サイト(登録ユーザ25万人)です。
ユーザ登録をすると、無料でCCNA WEB問題集(600問以上)やLPIC Lv1問題集(500問以上/認定教材)、Oracle Master Bronze SQL基礎(約400問)、ITパスポート過去問(600問)、学習日記、助け合いフォーラムなどを利用できるようになります。

https://ping-t.com/

このほかに他のユーザの合格体験記も読むことが出来ます

LPICレベル1は「Lv1-101」と「Lv1-102」の2つの試験に合格する必要がありますが
「Lv1-101」の問題はすべて無料になっているので
まずはこちらのページ(https://ping-t.com/register.php)から
気軽に新規ユーザ登録をしてみてください

無料コンテンツについて

新規ユーザ登録をしてログインすると
以下の2つのコンテンツが無料で使えるようになります

  • 最強WEB問題集LPIC Lv1-101
  • コマ問LPIC Lv1-101

「Lv1-101」はこの2つの無料コンテンツだけで合格することが出来ます

プレミアムコンテンツについて

「Lv1-102」以降はプレミアムコンテンツに申し込むと使えるようになります

料金はこんな感じです↓

1ヶ月・・・2,400円(税込み)
2ヶ月・・・3,200円(税込み)
3ヶ月・・・3,800円(税込み)
6ヶ月・・・4,800円(税込み)
12ヶ月・・・6,800円(税込み)
24ヶ月・・・9,800円(税込み)
36ヶ月・・・12,800円(税込み)

https://ping-t.com/modules/premium/index.php?content_id=1

長期で申し込みをするほど大きな割引になっていたり
途中で延長の申し込みをする場合も割引が適用されます

まずは無料ユーザ登録をして「Lv1-101」に合格したあと
引き続き「Lv1-102」もPing-tで勉強しようと思ったら
プレミアムコンテンツに申し込みましょう

「Lv1-101」を勉強している段階で自分には合わないなと思ったら
無料ユーザのままPing-tをやめてしまえばよいので
支払ったお金が無駄になるということがないのが嬉しいですね♬

それでは、2つのコンテンツの具体的な使い方を順番に解説していきます

ここでは「Lv1-101」の画面で説明していきますが
「Lv1-102」以降も同じ方法で大丈夫です

STEP1:「最強WEB問題集」をマスターしよう

STEP0:金銀銅のBOXってなに?

Ping-tの「最強WEB問題集」には以下3つのBOXが用意されています

  • 銅のBOX
  • 銀のBOX
  • 金のBOX

一番最初はすべての問題が「銅のBOX」に入っていて
1度正解すると「銀のBOX」へ移動します

次に「銀のBOX」の問題を解いて
正解したら「金のBOX」へ移動
不正解だと「銅のBOX」に戻ります
「金のBOX」の問題を解いて間違っても「銅のBOX」に戻ります

つまり
「銅のBOX」は未出題または前回間違えた問題
「銀のBOX」は前回正解した問題
「金のBOX」は2回連続正解した問題
が入っているんです

STEP1ー1:分野ごとに5問ずつ解いて、すべて「銀のBOX」へ

まずは「銅のBOX」を1つの分野ごとに5問ずつ解いて
すべての問題を「銀のBOX」に入れましょう

一番最初は全く問題が解けなくてOKです!
5問すべてを解き終わったら演習結果のページが表示されるので
連番または問題IDをクリックして正解と解説を確認しましょう

ここで重要なのは正解を確認するだけでなく
解説や参考に出てくる重要な説明や表のキーワードを
ノートに書きだして覚えていく
ことです

目で見て覚えられるという人も中にはいるかもしれませんが
LPICはほとんどが選択問題ですが一部は記述式の問題になっているので
単語の綴りなども覚えておく
必要があるので
ノートに書き出して覚えるようにするのがオススメです

また、解説の部分は類似の問題だと同じことが書いてあるので
何度も何度も同じ解説を見るたびに自然と覚えていく
というのがPing-tの良いところですね♬

STEP1ー2:「銀のBOX」を主題ごとに20問ずつ解いて「金のBOX」と「銅のBOX」へ

次は「銀のBOX」の問題だけを20問ずつ解きましょう

一番最初は分野ごとに5問でしたが、今度は主題ごとに20問です
こうやって出題範囲と問題数をだんだん増やしていくことで
徐々に実際の試験に近づけていきます

すでに理解出来ている問題は「金のBOX」へ
まだ理解出来ていなかったり忘れてしまった問題は「銅のBOX」へ
それぞれ移動してきます

STEP1ー3:全分野を20問ずつ解いて、すべて「金のBOX」へ

ここからはもう一度
「銅のBOX」に戻ってしまった問題をすべて「銀のBOX」へ
「銀のBOX」の問題だけを解いて「金のBOX」と「銅のBOX」へ
と繰り返して
すべての問題を「金のBOX」へ入れましょう

STEP1ー4:模擬試験モードで80%をキープ

すべての問題が「金のBOX」に入ったら模擬試験にチャレンジです!

LPICの合格点500点です

本番の試験では難易度の高い問題なども一部含まれているので
模擬試験では80%程度正解できるようになっていれば
安心して本番の試験に臨めます!

STEP2:「コマ問」で記述式問題に備えよう

「最強WEB問題集」で模擬試験にチャレンジするぐらいのレベルになったら
「コマ問」にも挑戦してみましょう!

「コマ問」は記述式の練習問題になっています

本番までにすべての問題が解けるようになればもちろんベストなのですが
記述式の問題は出題される割合は低く
「最強WEB問題集」の内容が綴りも含めて理解できていれば解けるので
記述式の問題に慣れるために一通り練習で解いてみるぐらいの気持ちでOKです

実際わたしはコマ問はあまりたくさんは解いていませんでしたが
「最強WEB問題集」をしっかりマスターしていたので
1回目の試験で合格
することが出来ました

まとめ

今回はわたしがLPICレベル1にPing-tのみで一発合格した勉強方法について紹介しました
いかがでしたか?

LPICレベル1は何度がそこまで高い試験ではないので
Ping-tをしっかりとやるだけで合格できる試験です

LPICの勉強方法に悩んでいるかたの、すこしでも参考になれば嬉しいです🍎

ABOUT ME
姫りんご
建築家になりたかったWeb系システムエンジニア💻 『プログラミングって何するの?』という状態でIT業界に就職したわたしが、プログラミングに関するスキルや情報について、初心者向けに発信していくブログです。 趣味のカメラやライフスタイルについても、ちょこっと発信しているので覗いて行ってくださいね🍎