プログラミング

ITエンジニアの第一歩 新入社員に取得してほしい資格

ITエンジニアの一歩を踏み出した新入社員の皆さんへ

まずは基本情報技術者試験に合格しましょう

正直に言うと、資格はなくても仕事は出来ます
プログラミングも出来るようになります
すごくデキル私の上司は何も資格を持っていません

でもプログラミング未経験でIT系の会社に就職したら
仕事が出来るようになるまでに結構時間がかかります
プログラミング経験者も余程スキルに自信がなければ
未経験者と正直あんまり変わらないと思います

わたしの場合

わたし自身は大学時代、建築の勉強をしていたので
入社当時はプログラミングのことを全く何も知りませんでした
なので、とにかく毎日勉強の日々・・・

わたしが新卒で入社したのは2011年で
東日本大震災の影響で春期試験が7月に延期になったので

・2011年7月:基本情報技術者試験→合格
・2011年10月:応用情報技術者試験→合格

と、タイミングよく新人のうちに応用まで合格できました

合格してよかったこと

まず一つ目は必要最低限のIT知識が身についたこと

普段はなくても仕事するのに困らないけど
やっぱりITエンジニアとして知っておくべき知識が
試験の内容に含まれているので
「試験に合格する=基礎知識が身につく」
というのが一番わかりやすいですよね

二つ目は先輩たちからやる気を認めて貰えたこと

資格が仕事にすぐに役立つわけではないけれど
新入社員がすぐに資格に合格していたら
「ああ、この子はヤル気あるんだな」って単純に思います
プライベートの時間を割いて資格の勉強したことの価値は
勉強で得られる知識だけではないですよ

まとめ

基本情報技術者試験はそんなに難しい試験ではないので
「受けたほうがいいのかな」
と迷っているぐらいなら、まずは勉強してみましょう!
その時間が無駄になることはありません

2020年の秋期試験は10月18日(日)の予定です
詳しい情報はIPAのホームページを確認してくださいね
https://www.ipa.go.jp/index.html

今から約4カ月間
十分余裕をもって合格レベルの知識を身に付けることが出来るので
是非勉強を始めてみてください♬

ABOUT ME
姫りんご
建築家になりたかったWeb系システムエンジニア💻 『プログラミングって何するの?』という状態でIT業界に就職したわたしが、プログラミングに関するスキルや情報について、初心者向けに発信していくブログです。 趣味のカメラやライフスタイルについても、ちょこっと発信しているので覗いて行ってくださいね🍎